目標

・「自分も相手も大切にする自己表現」を知り、習得する。

内容
・アサーションの考え方を知る。
・アサーションを使い、日常の困った・改善したい事象について相手に伝えてみる。

Lesson 5 アサーションを知る。
(自分も相手も大切にするコミュニケーション方法)


現在、「アサーション」はビジネスの世界でも使われています。
アサーションとは、
「自分も相手も大切にする自己表現」です。
表現と言うと、「話す」「言う」と捉えがちですが、「聴く」ことも含まれます。

なぜ、夫婦になる2人にアサーションが必要と考えるかというと、
夫婦のより良い関係を保つには「喧嘩」「言い合い」の仕方が重要であると考えるからです。

プリマリタルレッスン結では、「喧嘩」も「言い合い」もないことがよい夫婦とは考えません。

親密さが増せば、時には感情が高ぶり、相手に対し責め立てる言い方や、反対に無反応をとってしまうことがあります。

相手を責め続けることや無反応でいることは、関係を保つには効果的ではないと誰もが分かっていても・・。


効果的ではない方法でぶつかるよりも

より効果的な方法で自分の考えを表現し、相手の伝えたい事も聴く、これが理想です。
簡単ではありません正直。


アサーションを知っておくことが大事なことであり、頭の片隅に残しておくことで、その方法を用いて泥沼化する前に2人で抜け出すことができるでしょう。

それを狙っています。




また、実際に日常生活の中で相手に行動の修正を求めたい事があれば、アサーションを用いて伝えてみることを行っていきます。




キロク

お2人のやりとりやアサーションを用いた実践の様子で印象的だったエピソードを記録し、後日お渡しします。