「私は家族がキライだ」

本の写真

「俺は家族がキライだ」

「なんでこんな家族に生まれた?」

「私なんか存在しなければいい」

「自分には(幸せな)家族はつくれないだろう。」

「なんでお母さんは私にばかり強くいうの」

「なんでお父さんは暴力をふるうの」

「なんでうちはこんなに仲がわるいの」




もし、心にこのような言葉があふれて、真っ黒になりそうなら、
1つ提案がある。


「家族の仕組み」を学んでみることだ。


学びの1つの側面は、「自分を救うもの」だと思う。

自分を救うために、学べ!!!


どのような「今」があっても、
自分が望む「未来」は作れる。

それが家族に関してならば、
「家族の勉強」をすることで、
「今」の自分の家族の仕組みを、成り立ちを、客観的にみてみる。
現状を把握するということ。

何よりも、「今」の自分の家族の状態を分析し、
自分がつくりたい「未来」の家族の運営の仕方、戦術を身につけることができる。


きっと、「今」の自分の家族がキライで、真っ黒な心に「ヒカリ」が射すだろう。


(私もそうだったから。)

「家族」を学んで自分を救おう
家族相談士養成講座

幸せになるんだ




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    前の記事

    2021年 はじまり

    次の記事

    シークレットトーク