家族相談士養成講座とは

家族相談士養成講座とは、NPO法人日本家族カウンセリング協会が主催している講座です。

日本家族カウンセリング協会のHPはこちら

30年度の養成講座では、年21回の土曜日か日曜日に開催されたようです。(まだ終了していません)

ちなみに、私は昨年度受講しました。

受講資格がありますが、私の時は臨床心理士、大学院生、不登校支援、産業カウンセラー、社会福祉士等さまざまな分野の方が受講されていました。

私はというと、社会福祉士の資格は持っていますが、現場での仕事しか経験がなく相談業務の仕事は経験がありませんでした。

なので「今の仕事に活かしたい!」という明確な意思はなく、「家族」に興味があったから。ですので、最初は場の雰囲気に馴染めず堅苦しい感じがしていました。

雰囲気はさておき、勉強は非常に楽しかったです。

 

家族を学ぶ魅力

本を持っている人のイラスト

家族を学ぶ魅力とは、

  • 「家族の構造を客観的にみることができる」家族はシステムであり、各々が相互に作用しあうと理解できる。
  • 「家族には発達段階がある」各段階の課題や危機を理解すれば、家族の問題をノーマライズできる。
  • 「家族は親密さゆえに葛藤が生じやすい」という前提を知ることができる。
  • 「家族主に夫婦で陥りやすいコミュニケーションを知り、改善できるような具体的な方法を知ることができる。

です。

私が考えるに、「資格を取る」とか「仕事の為に役立てたい」だけではなく、自分の「家族」にも大いに役立つということです。私の記憶を遡ってみると、大学の頃家族の事で悩んだ時期がありました。その時に受けた授業に「家族について」の授業があり、そこで先生が言った一言がその時の私には救いになったのです。

 

それは、「家族は変化する」という言葉。

 

その一言がどのような意味を表すのかは、今思えば理解できますが、その時にはそこまでの理解はありませんでした。

ただ、「家族は変化する」(今のままではない)という言葉だけがストンと落ちたのです。

そうか、家族は変化するからこのままじゃない!!と思えたら、軽くなった気がしたのかもしれません。

 

自分を知るという言葉

 

就職活動や転職活動をする人は、今や「自己理解」という言葉を知らない人はいないのではないでしょうか?

次は、「家族を知る=家族理解」と「家族の中の自己」を知るというのはどうでしょう。一層「自己理解」が深まるかもしれません。

自分や家族の為に改めて「家族」を学んでみるのもよい機会かもしれません。

 

出来れば、結婚前に!!

プリマリタルレッスンでは、日本の家族の歴史から、家族のライフサイクル、自分の家族の文化・習慣を語ることで振り返りを行います。学びながら、「語る」ことも同時に行っていくので、「自己理解」を深めることができるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA