コロナ結婚 コロナ離婚

ころなウィルスにより緊急事態宣言がだされました。

日本と言えば、緊急事態宣言がなされても何も変わらない!

経済が落ち込む、会社の存続のため保障がないと休めない。

という理由で、会社は動き、働く人々は不安、疑問を持ち会社に向かう。



今、それをすべきか?

多くの人を失った先に

会社は動き出せるのか

「経済」と言ってられるのか


甚だ疑問だ。



ということで、今回は「ころなウイルス感染拡大」がもたらす「夫婦」「カップル」に対する影響を考えてみました。

何と言っても、非常事態の時には「その人間の真価」が問われる。


不安になって行動する人

誰かのせいにして考えない人

危機的状況に陥って周囲に当たる人


誰かのために何ができるか考える人

明るく振舞おうとする人


色々だ。


なので、この機に「自分」と「相手」の真の姿を見て

相手と協同するのか

この相手ではないと見切りをつけるのか

考える。




案外、自分と言う人間も改めて

このような不安が蔓延している世界で、

脆くも不安ウイルスに感染しかける、簡単に。ということを発見した。

コロナウイルスを機に結婚はありか

-ありだよ。

非常時に「ステイホーム」と1人家にいるのは心細い。

しかし、人生においてはこの「非常時」はありえる。

家族がいるから、守りたい人がいるから強くなれる、とはよく言ったもので、

まさに人は自分より、誰かのためになら強くなれるだろう。


「お1人様」でも良き!でも、このような非常時



やっぱり、誰かといたいよ・・

と思うのは自然なことだ。

これを機に「結婚」「同棲」を考えるのは素敵な機会かもしれないと思う。


家族がいると、笑いも起こる。(一人でも起こせるけどね)

非常な時こそ「笑い」がほしい。







コロナ離婚はありか

-ありだよ。

この非常事態を機に、

自分も相手も「本性」が見えて

こりゃ~ダメだ。

無理

と思ったら仕方ない。

でも、一度だけ提案してみて欲しい。

自分と相手に


「この非常事態だからこそ、協力して乗り越えよう」

「いがみあったり、相手を非難している場合ではなく、この危機をどのように乗り超えるかを一緒に考えたい」

と、


それからでも遅くはないと思う。


相手の本性もそうだけど

自分の本性も露になる。



相手を知る機会にもなるけれど

自分を知る機会にもなる


新しい世界の始まり

江原さんがradioで

「2020は破壊と崩壊の年」と言っていた。

絶望的な言葉だけど、

新しいもの、新しいことの始まりともいえると。

この人類の危機を乗り越えた先に

新しく

どのような家族をつくるか

つくらないか



どのような夫婦になるか
夫婦にならないか


考えてみたらいいと思う。



職を失っても

生きていれば、何でもできる。

2人いればなおのこと。


今は、生き残ること

そして、考えること。



皆さん、どうか生き残ってください。




ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA